山での出会いが伴侶を決める

男と女の出会いを考えよう

山での出会いが伴侶を決める

元々の出会いは高校時代の部活動でした。同じ部活ですからいつも話をする機会がありました。

 

その頃は好感を抱いてはいましたが交際にまでは発展しませんでした。

 

高校を卒業して数年間彼女の存在を忘れていましたが、ある年の年始休暇の時に昔の部活仲間が集まりました。その時に彼女は来ていましたが今は県外で就職しているとの事でした。

 

昔の部活の話や好感を持っていた事などをそれとなく話したところ、彼女もそうだった様で私は全く気がついていませんでした。

 

趣味は偶然、私も彼女も登山でした。私は地元の山岳会に入っていました。彼女は職場の人に誘われて一緒に登っているとの話です。

 

何度か連絡をする様になり、その年の夏季休暇に北アルプスに行く事が分かりました。

 

こちらも山岳会の仲間と北アルプスに行くと話しました。

 

その年の夏季休暇に私は山仲間三人と奥穂高岳に登りました。西穂高岳からの縦走です。

 

縦走を終えたその日は穂高岳山荘でテント泊をしました。翌朝、下山の折に穂高岳山荘に寄って情報を得、山荘を出る時に何と偶然にも彼女に会いました。北アルプスに登るとは聞いていましたがここで会うとは驚きです。彼女は職場の仲間と三人で山荘に宿泊したとの事でした。

 

偶然とは言えここでの出会いは何かを感じざるを得ません。

 

下山後、交際が始まりました。遠距離恋愛でしたが何度か一緒に登山をして二年後には結婚しました。山が取り持った縁です。


ホーム サイトマップ